アドセンスリンク広告

台風19号と10月13日ラグビーワールドカップと鉄道の計画運休は!


スポンサーリンク



ラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦、13日19時45分キックオフ決定! ☚こちら

ラグビーワールドカップ横浜戦、計画運休でどうなる?

猛烈台風19号がまたまた日本上陸しそうです。

10月13日に横浜「日産スタジアム」で行われる大一番「ラグビーワールドカップ2019」の日本対スコットランド戦のワクワク感をそぐ鉄道の計画運休はどうなるのでしょうか?

台風19号は千葉に強烈なダメージを与えた15号より、大型で猛烈な勢いで発達しつつあるといいます。

鉄道の計画運休もいつ発表されるか定かではなく、多くの人が混乱した15号の二の前にならなければいいのですが。

この時期目白押しの競技

今年は来年のオリンピックを目の前にして、日本には様々な行事が目白押しですが、特に今回は10月13日に横浜「日産スタジアム」で行われる大一番「ラグビーワールドカップ2019」の日本対スコットランド戦が控えています。

この台風は13日頃には関東からは去っていくとか行かないとか、気象予報士も判断がつかないようですが、何しろ三連休初日の12日(土)には紀伊半島沖を北上し、13日(日)3時には中心付近の気圧は955hPaと強い勢力で、関東地方を中心とする予報円の中に進む見込みらしいです。

このため日本列島の広い範囲で暴風、大雨、高波に厳重注意が必要とか。

ラグビーワールドカップ観客はどうなる!

さいわい13日の19時45分キックオフですから試合はできるようですが、観客は集まることはできるでしょうか?

スポンサードリンク

車の人や近くの人はともかく、遠方から世紀の一戦を見に来ようとチケットを手に、どうなることかとハラハラしている観客は、計画運休にはまってしまい15号の時のように朝8時運転再開のはずが、夕方まで動かないということになるかもしれません。

ラグビーワールドカップ開催可否は6時間前発表

ラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会は7日、台風19号の接近に伴い、試合開始6時間前までに最終的な開催可否を判断するということです。

本当にやきもきさせられる台風です。

また「1次リーグで中止となった場合は、引き分け扱いで両チームに勝ち点2が与えられる

決勝トーナメントは2日以内に順延し、代替会場での実施を検討する」とのこと。

過密スケジュールなので、この台風にはまいりますね。

多くの課題を残した計画運休にはまりそうな、ラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦が、観客もスタジアムに多くたどり着き、スムーズに開催されることを祈らずにはいられません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする