スノーピークコラボや古民キング 温泉付きの真冬のグランピング

スポンサーリンク

真冬こそ温泉付きのグランピング

阿寒湖の冬の絶景 奇跡の花 フロストフラワーを見に行こう

最近スノーピークとのコラボや古民家を改装したグランピング「古民キング」など

特徴を生かしたグランピング施設が広がっています。

ここでは今風の工夫を凝らしたグランピングをご紹介していきます。

何となくさえない毎日を送らざるを得ない日常を、古民キングや

設備の整ったグランピングで、新しい冬キャンプを楽しんでくださいね。

薪割りも経験できますよ。

うまく割れるかな?

2021年の夏はいろいろありましたから、キャンプ場が大賑わいでした。

初心者からベテランまで、密を避けてキャンプ場に行ったはいいけれど

かえって満員状態のところもあり、

まあ、こういうご時世ですから、どのキャンプ場も

予約が取れなくてがっかりしたこともありました。

でも「寒くなるとキャンプも行けないし」とお嘆きの方に

スノーピークのキャンプ用品がセッティングされたコラボグランピング

『住箱」や、この厳寒の中でも密にならずに楽しめるさまざまな施設を

ご紹介します。

日本各地のグランピング施設をご紹介

「快適な贅沢キャンプ」という感じのグランピングは、

多くのキャンプギア(用品)を持ち出したり、また帰ってから手入れする

面倒もなく暖房は勿論、BBQを自分で焼いて楽しめて、本来のキャンプのように

薪割りができる施設もあり、手軽で楽してキャンプ感覚を味わえるという

真冬にピッタリのリラクゼーションスペースです。

夏はワンタッチで設置できる簡単テントで一人キャンプを楽しんだり

あらゆるキャンプ用品を披露するベテランキャンパーもいて、

キャンプ場は大賑わいでしたね。

それに初心者だろうと思われる、キャンパーがアルコールを飲んで

大騒ぎをしてヒンシュクをかったりで、ベテランの中ではマナー論が

噴出していたりしました。

冬のキャンプはグランピングにおまかせ

「Glamorous 魅惑的とCampingキャンプ で「 Glamping ・グランピング」

真冬のキャンプはよっぽどのベテランじゃないと、ちょっと危ないです。

今年の冬は特に寒さを感じませんか?

こんな中でキャンプをするの 😱

という声が聞こえそうですが、設備の整った最近のグランピング施設は

寒いどころか、こたつやエアコンは勿論、温泉まで完備しているところもあり、

冬でも暖かく過ごせる、至れり尽くせりの工夫がこらされていて、

真冬でもグランピングタイムが楽しめます。

焚き火ができたり、バーべキューも楽しめるので、澄み切った満天の星空を

眺めながらのアウトドア気分満開の体験ができるのも、また魅力でもありますね。

施設によってはサウナまで入って汗を流せるって。

でも外に飛び出して風邪ひかないようにご注意を!!

”スノーピーク” が手掛けるグランピング施設がおすすめ

キャンプ用品の老舗である「スノーピーク」は新国立競技場で話題となった

有名建築家「隈研吾氏」と共同開発したグランピング特別仕様の

モバイルハウス「住箱」など、特別を味わうことができるホテル仕様の

グランピング施設を各地にオープンさせています。

どのグランピング施設でも大きくとった窓からは、自然の景観を余すことなく

望める仕様になっていて、ウッドデッキやタープが張られている、まさに

キャンプ感覚をじっくり味わえる施設といえます。

その中の一つの

「スノーピークグランピング 「スワンレイク五十嵐邸ガーデン」

歴史ある豪農の日本庭園で、誰も経験したことのないグランピングを

体験できるという「スワンレイク五十嵐ガーデン」では、

ビール好きにはたまらない豪華な「スノーピークグランピング滞在中特典」

付き!です。

滞在中、夕食時を除き世界最高金賞を受賞した新潟の

「スワンレイクビール」が全種類飲み放題という豪華さ!

「スワンレイクビール」はスノーピークファンの中では知る人ぞ知る、

ビールのオリンピックともいわれる「ワールド・ビア・カップ」で

大手も参加する38ヶ国のビールメーカー1150銘柄の中から、

日本メーカー初の金賞「世界一」に輝いた特別なビールです。

これ飲み放題なの?

そうなんです。

これはぜひ味わっていただきたい。

「ビールはちょっと」という方には、コーヒー、紅茶も好きな時に

自由に入れて味わえますよ。

そのうえ「あがの姫牛」などの国産ブランド肉が焼けるBBQもいいですね。

これだけではありません。

独特なスタイルの「モバイルハウス」宿泊者限定の豪華和会席や

高級西洋会席など、お好みのコースを選ぶことができるとは、

まさに今まで経験したことのない贅沢なグランピングが体験できますね。

せっかく雪深い新潟に来たんですから、スノーピークのスタッフと

雪ダルマを作ったり、雪合戦をしたり、雪のない地方の方には

こんな楽しみもできるので、張り切ってぶつけ合いましょう!

まだあります、これがあるからうれしさ倍増じゃないですか?

グループの「月岡温泉」「割烹の宿」「いま井(休館の際は別の温泉施設を紹介)」

日帰り温泉が無料というのです。

寒い時期ですから温泉三昧、ほんとうれしい !!

>五十嵐邸ガーデン 新潟阿賀野リゾート<<

首都圏に近いのはこちらのスノーピークコラボグランピング

三浦半島の最東端でシーサイドグランピング

スノーピークのキャンプ用品に囲まれて、隈研吾氏がデザインを手がけた

モバイルハウス「住箱」でも、デッキスペースでも贅沢な

「グランピングブレックファースト」が楽しめます。

なんと贅沢なアウトドア体験でしょうか。

(夕食をBBQご希望の場合はご宿泊日2日前までに連絡必要)

>>「観音崎京急ホテル」<<

「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」

(残念ながら、2021-22のウィンターシーズンは、新型コロナの影響によりグランピングディナーツアーの営業を見合わせます。とのことです。)

その他のおすすめグランピング施設は

富士山が目の前に出現!
河口湖を眺めながらのおしゃれなグランピング

休前日が最大2000円OFFの露天風呂付コテージ

6000坪の敷地内を散歩した後は、お待ちかねBBQタイム

富士山と河口湖を望みながら

部屋ごとに設置されたBBQ設備で、密を避けた誰にも邪魔されない

仲間内のディナータイムが贅沢ですねー!

🗻河口湖カントリーコテージBan&グランピングリゾート
 

和心村ー古民家とグランピングと自然森山川海
【Vacation STAY提供】

200年の古民家 で日本一自由度高い「古民家グランピング」です。

体験型グランピング ですから、各室ごと専用焚火台、薪割り道具などが

用意されています。 薪は無料拾い放題。

無接触密なし安全安心エリアで、のびのび冬キャンプ体験できます。

豪華BBQ食材は部屋の冷蔵庫にちゃんと用意してあります。

澄んだ空気の中で、手挽きコーヒーミルセットで挽きたて豆の香りを楽しみながら、

「優しい時間」を味わう。

こういう一時が大切なのかもしれませんね。

食事と焚き火の時間制限がなく、グランピング をじっくり味わってください。

客室ごと専用焚火台、薪割り道具など用意があります。

>>和心村ー古民家とグランピングと自然森山川海【Vacation STAY提供】

グランピングが楽しめる全国の人気宿TOP20

おわりに

>>秋冬キャンプの寒さ対策の必需品と澄んだ空気の楽しみとは?<<

いずれも寒さ対策が十分なされているうえに、冬のグランピングを満喫できる

アイデアがそろっている施設で、寒さと今の状況から離れて、

たまにのんびりしてみてはいかがでしょう?

また明日への意欲がフツフツと湧いてくるかもしれません。

温泉も楽しめる!冬に人気のグランピング宿

暖かな設備でグランピング三昧 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする