紫外線、光線アレルギーでかゆみやぶつぶつの悩みの簡単対処法


スポンサーリンク



あなたは紫外線、光線アレルギーで悩んでいませんか?

紫外線や光線アレルギーで、悩んでいる人は、

案外多くみられます。

わたしの家族もその一人で、色々試みて軽減

できているその対処法を書いてみようと思います。

日光に当たらないように、遮光カーテンで閉め

切ったり、外出できないという不便な生活は

心身ともによくないので、できるだけ普段の

生活を続けるには、人それぞれに持病がある

ように、これも持病と受け入れて対策を考え

ましょう。

対策は?

まず外出には「サンバリア100日傘」です。

サンバリア100日傘  ☚はこちら

家族によると猛烈な日光を浴びても、涼しく

感じますし、サンバリア機能のあるこういった

種類の傘をさしていると、かゆみやぶつぶつは

出ないんだそうです。

(これは家族個人の感想です)

日傘といっても効果の違う種類がありますが、

「サンバリア100日傘」で、快適に

外出ができています。

美肌水

そしてかゆみやぶつぶつが出てしまったら、

自家製の「美肌水」を作っておいて、スプレイで

びしゃびしゃと、痒いところにかけていますが、

結構かゆみは消えてくれるようです。

かなり以前に今井龍弥 医師によって開発

されたので、ご存知の方も多いと思いますが、

アトピー性皮膚炎のために作られた

「尿素グリセリン水溶液」で、頭から足先まで

全身に使える水溶液です。

美肌水の材料

尿素 / 化粧品用 尿素(50g*3包入)  尿素は「窒素46」と表記
されたもの。

ドラッグストア(化粧水用と明記されたものも
あります)や園芸店では肥料用として販売
されています。
(こちらが容量も多く、安価)

グリセリン / 5cc(小さじ1杯分)

水道水 / 200ml

容器/2~3個

これを混ぜて原液を作り、冷蔵庫で保管しておき
必要に応じて薄めて使います。
(薄めたものは2週間で使い切りにします)

顔用は原液30%、水道水70%くらいに
薄めますが、初めは水道水90%くらいで薄める
のがよいでしょう。
高濃度だと、ひりひりする場合があります。

私の場合は、今でも水道水70%で薄めると、
肌がしっとりしますが、尿素と水道水半々位が
よいという方もいます。

ハンド用は高濃度で大丈夫なので、10%水道水で
薄めて持ち運び便利な小サイズ容器に詰めて、
常に手元に置いて使っています。

しかも、アトピーばかりではなく日常的

年令肌の敵、しわ、しみ、赤ら顔、ヒリヒリ感、

色黒、白髪にも効くといわれています。

家族全員、日常的に洗顔の後に普通に

使っていますし、乾燥のひどい季節には、

この美肌水の後にハンドクリームをつけると

スポンサードリンク

ガサガサが改善されるので、我が家の必需品

になっています。

シーブリーズ

もう一つ、これは市販されているもので、使用感が

すっきりして夏のかゆみや、冬の乾燥による

かゆかゆにもとても効き目があるので重宝

しているローションがあります。

ご存知の「シーブリーズ」です。

これは掻き崩してしまうと、とても沁みるので

おすすめしませんが、我慢ができないかゆみには

スーッとした清涼感があり、何度か塗っていると

かゆみも改善され、夏冬兼用でこれも我が家の

必需品となっています。

日光に当たると、顔や腕、足などが赤く

はれたりぶつぶつが出て、つい掻きたくなって

しまう紫外線アレルギーや光線アレルギー。

人によっては目にも症状が出て、

花粉症と間違って花粉症の薬を飲んでかえって

症状を悪化させている人もいるようです。

かゆみ止めを塗っても、病院で薬をもらっても

光線に当たると、再度出てくる症状に多くの

人が悩まされます。

紫外線をどの程度浴びると症状が出てくるのか、

どんな時にアレルギーが起こるかは、遺伝で

あったり、中年以降に発症する場合は薬の

摂取状態であったり、サンスクリーン

クリームに含まれる成分やヘアカラーなどに

含まれる成分などで、突然かゆみが起こって

戸惑う人も多いようです。

治らないアレルギー?

このアレルギーは、一度出てしまうと完治は

難しいといわれていますので、それを前提に

少しでも楽になる方法を考えて日々を快適に

過ごせるよう、工夫していくほかないかも

しれません。

アレルギーの季節は特に春5月の強い光線が

降り注ぐあたりから始まり、夏にはその強烈な

紫外線で、外にも出られない状況に陥っている

人が多くいるようです。

まず外出しないということはかなり難しいので

サンバリア100日傘をさす、サングラスを

するとか、長袖を着るか腕カバーを付ける、

帽子をかぶる、などのいろいろその人に合う

対処法を見つけて、今は完治は難しいアレルギー

と共に、いかに快適に過ごしていくかを考える

時ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする