アドセンスリンク広告

バックパッカーの安心お宿 小樽、ニセコの旅・世界の仲間ともお友達に


スポンサーリンク



バックパッカーの安心お宿 
小樽、ニセコの旅

世界では若者たちのバックパッカーが、
格安航空を使ったり、自転車、ヒッチハイクで
旅する姿が見られます。

日本でもその傾向がありますが、ユースホステルが
減少していたり、ゲストハウスが充実したりし始めて
いるためか、外国程見かけないかもしれません

以前は北海道に「ミツバチ族」と言われる若者が、
オートバイで列をなして、ぶんぶん言わせていましたが、
最近は少なくなっているようです。

バックパッカーの真の目的は、旅行会社の設定した
コースをそのままに歩くのではなく、その土地の素
ともいえる日常を体験したり、同じバックパッカーパー
たちと交歓したりする楽しみを体感することです。

最近は外国人もその中に含まれるので、片言の英語で
異文化に触れるというのも良い体験になりますね。

今回は北海道の小樽、
ルスツ道央の旅

バックパッカー向けリーズナブルのお宿

小樽、ルスツ・バックパッカーの宿をご紹介

学生に限らず、ファミリーや女性一人旅にも
お勧めの宿です。

まず宿に落ち着いてから、ゆっくり小樽を
散策してみましょう

小樽散策、外せない厳選コース

小樽は新鮮な魚介類が豊富に手に入るので、
「寿司屋通り」という通りもある程、
お寿司屋さんが軒を連ねています。

また、海岸通りには様々なテントでのイカ焼き等の
美味しいにおいがして、つい引き寄せられてしまいます。
特に大きな船のいけすに放たれた、タラバガニや魚たちを
その場で調理してくれるお店もありますので、
そぞろ歩きながら、美味しいを見つけるのも楽しみです。

また、運河沿いにはレンガ造りのレトロな建物が
並んでいるので、ノスタルジーの世界に引き込まれて
しまいます。

そうこうしていると、夜の小樽運河に灯がともります
運河沿いに設けた63基のガス灯がともると、
外国に来ているような錯覚に陥り、恋人たちばかりではなく
その雰囲気についロマンチックな思いに包まれます。

 

次の日は是非、ニセコ・
ルスツの旅を

ニセコは冬シーズンのイメージがありますが、
スキーリゾートばかりではなく、近くに蝦夷富士と呼ばれる
羊蹄山を望む、素晴らしい自然の眺望が心を洗ってくれます。

スポンサードリンク

こちらもバックパッカー向きの宿です
ニセコ、キロロお宿

ニセコに行ったら
体を使って元気に遊びましょう!

ラフティングツアー

★カヌー遊び

<ORGANICファーマー体験>美しい景色と
 広大な畑の中でオーガニック農法を体験

★感動☆石窯ピザ作り体験★ 自分で収穫した
 オーガニック野菜をトッピング!

ルスツのこれを忘れないで熱気球
★OACニセコバルーン&ニセコラフト

千歳空港からのバックパッカーは

先にルスツ、ニセコのコースが良いかもしれません。

札幌からの場合は、バスで60分ほどで

小樽に到着します。

ノスタルジー溢れる北海道、道央の旅

心も、胃袋も満足していただけると思います。

たくさん写真や動画を摂って、思い出づくりを

楽しんでください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする