アドセンスリンク広告

ネットスーパーでトイレットペーパーが今も買えない高齢者の悲劇

スポンサーリンク

高齢者直撃!トイレットペーパーが
ネットスーパーで買えない!

ますます猛威を振るう困った状況が、高齢者を直撃しています。

紙類がスーパーなどには入ってきたというので、そろそろトイレットペーパーも残り少なくなってきたので、このあたりにはスーパーがないため、近くのドラッグストアに開店前に出かけてみました。

何と長蛇の列。

人の長い列もそうですが、駐車場には車も満杯。店員さんと客との駐車の仕方でけんか腰の言い合い。

いやはや!

開店になって1分もするかしないかで、売り切れましたという店員さんの声と、完売の張り紙。

ちゃんと在庫がありますというテレビでのメーカーの説明とは裏腹に、6時半ごろから並んでいる人がいるのにもかかわらず、マスクは勿論トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーに至るまで、がらんと空洞になった棚があるばかり。

やっとドラッグストアなどで開店時にマスクなどは売らないというところが出てきたことはいいことですが、だったらネットスーパーでもお願いします。

あるおばあさんの嘆き

店まで来るのも危ないし、年寄りはいつコロナに感染して重症になったり命を落とすかもわからないので、ネットで買い物をしているけど、トイレットペーパーやティッシュペーパーが、そもそもネットスーパーに掲載されていないといいます。

でも、少し前にそのスーパーの実店舗に行ってみたら、トイレットペーパーも、ティッシュも、キッチンペーパーもかなりのスぺースをとって山積みになって売られていました。確か3時過ぎに行ったので、朝から相当数の人が買った後だったと思います。

スポンサーリンク

どうしてネットスーパーでトイレットペーパーを
売らないの?

ネットスーパー頼みの人は多いと思います。病気の人は勿論特に高齢者は物をもって運ぶということが難しいわけですから、だれか若い家族がいたり、車を持っている人は別として、一人暮らしの高齢者は、買いだめしたり長い時間並んで買うということもむつかしいはずです。

勢いネットスーパーで買い物する人が多くなると思いますが(よくTVで高齢者はネットが使えないなどと言っている人がいますが、とんでもない、今やパソコンの初期設定さえ仕事にしている高齢者は結構多いのですよ)ネットスーパーには紙類は掲載されていないのです。

まさしく生活必需品です。ペーパーが切れたらトイレどうするんですかね。

何か不都合でもあるのでしょうか?

ネットスーパーも手掛けている大手スーパーの店員さんに聞いてみたところ、各配達時間にその実店舗に陳列しているところから持ってきてお届けするので、その時間に無くなっていたら困るのではないかということでした。

これやり方によっては、まったくその懸念は払しょくされるんじゃないですか?

初めから個数を決めて、ネットスーパー用に確保しておけばいいわけです。いつもの状況とは違うわけですから、その時々に考え方を変えていくべきではないでしょうか?

余ったら、店舗に置けばいいんですから。余ることはなく足りなくなると思いますが。

陳列してある食材にしても、売り切れはあるわけで、その際は仕方ないということであきらめるんですから同じことです。

ネットスーパーに限りトイレットペーパーなど、どうしても必要なものは年齢制限をしてもいいと思います。たばこ販売の時と逆バージョンで。

高齢者、特に一人住まいの高齢者や体の不自由な人には、優先して販売しなければなりません。

店舗に山積みして、さあ買って行きなさいといわれても、近くの人ばかりではなく、近所にスーパーなどない住宅街で、バスに乗って買いに行かなければならない高齢者は多いのです。しかもトイレットペーパーって結構重いんですよ。

だからこういう人のためにネットスーパーで購入できるようにする必要があると思いませんか?

店舗の山積みの10分の1でもいいのですから。

楽天やアマゾンでは高額なものばかりで、なおかつ送料も高いのでばかにならないし、いつ到着するのかわかりません。(先日高額でしたが、なくなると困るものなので購入したのですが、品物はあるが送れないといわれてキャンセルしました)

食材と一緒に配達していただける、ネットスーパーに紙類を置いていただけると助かる人は多いと思いますが。

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする