当サイトはプロモーションを含みます。

*当サイトはプロモーションを含みます。

海外のバレンタインデー愛を確かめ合うロマンチックな風習

「バレンタインデー」発祥の国は、イタリアだということをご存知でしょうか。

あの「アモーレ」の国ですね。

やはりこの熱い思いを持ち合わせている国イタリアが、発祥の地だったんですね。

「恋人たちの記念日」と呼ばれています。

イタリアでは恋人同士がお互いの気持ちを深め合い、一緒にお祝いする日なのです。

イタリアでは、バレンタインデーのプレゼントにバラの他に、チョコレートも一緒に贈ります。

やはりチョコレートは甘い思い出には欠かせないもののようですね。

日本ではチョコレートを女性から男性にプレゼントして、なかなか言えない気持ちを伝える日でもあります。

🌸ピエール・エルメ・パリ オンラインブティック🌸

好きな人にチョコレートをこっそり渡したり、受け取ったりするのは、恥ずかしいけれども嬉しい思い出ですよね。

海外では、バレンタインデーは日本とは違って、カップルや夫婦がお互いに愛を確かめ合う記念日として祝われることが多いのです。

各国のバレンタインデー

男性が女性に花束を渡すことは、「ロマンチックな気持ち」を表す一般的な方法ですが、国や地域によって花の種類や色、数などに意味があることもあります。

例えば、イギリスやアメリカでは、赤いバラは「あなたを愛しています」という花言葉があり、

男性が女性を喜ばせるため食事や、素敵な花のプレゼントすることが多いのだそう。

しかも、一般的には恋人同士や夫婦で愛を確かめ合う記念日の1つとして考えられてい

て、一輪の赤いバラや12本(ダズンローズ)を贈ることで、気持ちを表すのが人気とか。

昔のヨーロッパでは、男性がプロポーズするために感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠という意味が込められたバラを12本摘んで、彼女にプレゼントするという風習があったのです。

なんてロマンチック!

しかも男性が心を込めて12本バラをつんで、ひざまずいてプロポーズするなんて、映画の中のワンシーンですね。

フランスの「ラ サン ヴァロンタン」(バレンタイン)では、赤いバラだけじゃなく、ピンクや白のばらを贈ります。

日本との違いは、フランスでは女性が主役になることが多く、デートやディナーを楽しむ日でもあります。

ベトナムでは、バレンタインデーは男性が女性にプレゼントを贈る日として祝われます。

プレゼントは花やチョコレートが一般的ですが、最近では他のプレゼントもも贈られるようになっています。

バレンタインデー当日は、カップルや夫婦がデートを楽しみます。

カフェやレストランで食事をしたり、買い物や映画を見たりすることが多いですが、ベトナムにはホワイトデーの文化はありませんが、若い人たちの間ではホワイトデーにお菓子を渡すこともあります。

バラの花言葉

ドイツでは、バラの花びらの数によってメッセージが変わり、例えば10枚の花びらは「あなたは完璧です」という意味があり

赤いバラ一輪は、一目ぼれ、あなたを愛しています

バラ3本は告白、愛しています

108本は、永遠の愛を誓うプロポーズ

白いバラ8本はあなたの思いやり、励ましに感謝します

などなど、なんと素敵な花言葉でしょうか。

これ見習って、気持ちを表すために本数を決めてもいいんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

🌸花束・楽天はこちらへ🌸

韓国では、バレンタインデーは日本と同じく、女性が男性にチョコレートやプレゼントを贈る日です。

しかし、日本と違う点もいくつかあり、例えば、韓国では、チョコレートを大きなバスケットに入れてラッピングすることが多いのです。

また、義理チョコの文化はあまりなく、本命の相手にだけチョコレートを渡すことが一般的です。

韓国にも日本と同じく、バレンタインデーの次の月の14日にはホワイトデーがあります。この日は、男性が女性にお返しのプレゼントをする日で、プレゼントはチョコレートやお菓子、アクセサリー、花など様々です。

ホワイトデーにも、カップルや夫婦がデートをしたり、特別な演出をしたりすることもあります。

韓国には、バレンタインデーとホワイトデー以外にも様々な特別な日があり、毎月14日に恋人同士が祝うイベントデーが盛りだくさんあります。

ちょっと気の毒な風習もありですが・・。

4月14日はブラックデーで、恋人がいない人が黒い服を着て黒い食べ物を食べる日です。 なんだか気の毒になりますね。

5月14日はイエローデーで、恋人ができなかった人が黄色い服を着てカレーライスを食べる日えーん

6月14日はキスデーで、恋人同士がキスをする日とか・・・ハート

他にも、ローズデー、シルバーデー、グリーンデーなど、さまざまなイベントデーが盛りだくさんです。

日本のバレンタインデー

日本のバレンタインデーの起源には、いくつかの説がありますが、共通点は、お菓子メーカーが「バレンタインデーにチョコレートを贈る」というキャンペーンを行ったことで、女性が男性にチョコレートを贈るという風習が徐々に広まっていきました。

日本のバレンタインデーは、好きな人だけでなく、友人や自分自身にもチョコレートを贈る日でもありますから、友人とチョコレートを交換したり、自分のためにおいしいチョコレートを買ったりするので、店頭にはすてきななチョコレートがずらり!

また、職場や学校では、義理チョコと呼ばれる、感謝や礼儀の意味でチョコレートを渡すことも一般的で、チョコレートを配る文化は、日本の人々に広く受け入れられています。

そして、1970年代には、現在のように「女性が好きな男性にチョコレートで想いを告げる」という習慣が定着したと言われています。

🌸チョコレート厳選ブランド🌸楽天PR🌸

宣伝であれ、何であれチョコレートを贈ることで、秘めた思いの告白ができる日って、素敵じゃないですか飛び出すハート

でも、私的には義理チョコの習慣はなくてもいいかな?

もらった男性もホワイトデーにお返しをするのに、四苦八苦しているのを見ると、気の毒になってしまいますし、家に帰って何個もらえたのなんて、奥さんに値踏みされるのも気の毒ですからね。ショボーン

ともあれ、日本も女性が男性に告白する日ばかりではなく、欧米のように、妻や恋人をねぎらって、買い物やレストランで楽しいお食事ができる日になってほしいですね。

夜景のきれいなレストランで楽しいひと時を

トロピカルカクテル夜景のきれいなレストランカクテル

スポンサーリンク