アドセンスリンク広告

顔 に赤くて痒いブツブツが出る?それ「花粉皮膚炎」かも!


スポンサーリンク



花粉皮膚炎とは?

春の肌は、上まぶた、頬、あごや首周りに、

かゆい赤みのある湿疹が出たり、

化粧のりが悪いなどの症状が出る人がいます。

単に季節の変わり目だからと思っている人が

多いようですが、花粉によってひき起こされる

皮膚症状、つまり「花粉皮膚炎」でもあるようです。

スギやヒノキなどの花粉により、アレルギーを

起こす花粉症は良くご存知だと思います。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどに悩まされる人は

結構多いのですが、肌のかゆみに悩まされている

30代、40代はこの「花粉皮膚炎」かもしれません。

通常は皮膚を通さない花粉も、年齢によって

肌の乾燥がひどくなったり、乾燥する季節には

肌のバリア機能が低下することによって、

肌の奥に入り込み、異物と思って攻撃するので、

アレルギー反応が起こりやすくなるというのです。

そうなった場合、つい掻きたくなりますが、

スポンサードリンク

皮膚科の医師によると、掻くのは厳禁、

掻くことによって症状が重くなり、

顔中真っ赤になってしまうこともあるとか。

花粉皮膚炎の対策

① 掻かないで、まず冷やす。

② 油分のはいった保湿力のあるクリームを塗る。

③ コ-ヒーやアルコールは抹消神経を

刺激するので、避けたほうが良い。

④ 化学繊維のようにチクチクする

セーターなどは避ける。

⑤ 40度以上のお湯で顔を洗ったり、

お風呂に入るのはNG。38~40度位が

おすすめ。

⑥ ナイロン素材などの化学物質は避ける。

⑦ 朝の洗顔は洗顔料なしでOK

確かに朝顔を洗わないというタレントさんも

いましたね。これ正解なんですね。

何科に行ったらいいの

もうこのかゆみや、湿疹が出てしまったら

なかなか自分では治すのはむつかしいです。

私は花粉症ではないと思っていましたが、

どうも、ヒノキの季節になると、目とか

その周りや口の周り、頬がかゆくて困った

のですが、これ「花粉皮膚炎」だったのですね。

これは、まず病院に行くことをお勧めします。

皮膚科や内科で良いようです。

鼻水やくしゃみなどの、花粉症特有の

症状ではない場合も、この季節になったら

花粉症を疑ってみることも必要ということですね。

(出典:ゴゴスマ・10分クリニック 花粉の季節)


スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする