警視庁考察1課 サスペンスのレジェンド集めた新感覚刑事ドラマの出演者は?

スポンサーリンク

「警視庁考察1課」新感覚刑事ドラマが10月スタート!!

「ドラマプレミア23」秋元 康 企画、原作のテレビドラマ「警視庁考察1課」が

10月17日(月)夜11時06分からテレビ東京でスタートします。

刑事ドラマやミステリー系が大好きな私としては、この連続ドラマは逃せない

お待ちかねドラマです。

ミステリーファンて意外と多いので、ああ!あの「火サス」ね。と

思い出される方も多いと思いますが、今回の「警視庁考察1課」は、

まさに往年の「火サス」と、水、木、日曜日に放映されていたドラマ枠や

サスペンス、刑事、検事ドラマの、個性豊かな登場人物が一堂に会して、

それぞれの人物設定の決めセリフや状況設定を再現したような感じです。

他局でそれできるの?

もちろん現場思考もしかりですが、今回はかつてのミステリードラマのレジェンド

俳優たちが、机上で難事件の犯人探しをするという頭脳戦です!

「主婦の感!」や崖のシーンが出てきたり、「警部!」と歩み寄る姿も

見られるのでしょうか?

このドラマの刑事たちの様子や人となりが、まさにかつて出演していたドラマの役

どころを彷彿とさせる懐かしいというより、ああやってるねと笑ってしまうような

設定になっているところが、余計興味をそそられるところです。

まず「警視庁考察1課」というネーミングが面白い!

ふつうは警視庁というと、「捜査1課」の面々がさまざまな難事件の解決に

動くのが主流となっていますが、

このドラマは「警視庁考察1課」という部署となっています。

はて!考察1課とは?

捜査1課だとベテランの刑事は、新進の若いIT刑事の頭でっかちのやり方と違い、

現場100回と言って現場に行って証拠を見つけるのが普通の「警視庁捜査1課」の

ドラマの筋書きですね。

でも、考察

そうです。ここは訳ありベテランの刑事ばかりの集団で、訳アリというからには

警視庁の決まりきった捜査手法では解決できない事件を、

癖のあるはみ出し思考の刑事たちが現場に行かずに、難事件に挑むというもの。

現場見ずしてどう犯人を洗い出すのか?ITを駆使するのか? 主婦の感!が

制するのか?

ますます興味がわいてきませんか?

警視庁考察1課のキャストはテレビ朝日の2時間ドラマ主役全員を網羅!

すごい! 待ってました!

テレビ朝日で「火曜サスペンス」やドラマで視聴者をくぎ付けにしたかつての

レジェンドほとんどが、ところ変わってテレビ東京で大活躍するなんて、

思ってもいなかったのでそんなことあるのかな?と大興奮です!

これを見てみると「なるほどね」と納得!

出演者はご存知の芸達者な個性派俳優たち

・船越 英一郎   サスペンスの帝王 考察一課長で全国の崖にくわしい
・山村 紅葉   サスペンスには不可欠 ミステリーに詳しい考察を繰り広げる
・西村 まさ彦  古畑任三郎」で大ブレイク ネットを駆使して情報収集
・高島 礼子   「極妻」で知られる。元丸暴。元鑑識の異色の刑事
・名取 裕子   「京都地検の女」主婦の感!コメンテーターやタレントも
・内藤 剛志   「捜査1課長」ではまり役 時刻表トリックを暴く

出典:サンスポ)

豪華ですねー!

それに加えて若手刑事に、今や人気の「藤井流星」も藤井 龍として配属されます。

この俳優陣を見ると、サスペンスファンとしてはテレ朝か?と思ってしまいますが、

テレビ東京ですからね。お間違いないようにね!

でも火曜サスペンスがなくなって久しいので、こんなうれしいことはありません!

特に考察一課随一の勘の良さを誇る役どころの名取さんは、あゝやっぱり、感!

ですねと「絶対クスッと笑えて癒やされる楽しいドラマになると思う」と話して

います。

 おわりに

どうやら企画、原作の秋元 康さんは、いわゆる刑事ドラマの重々しさや、

苦悩する姿ではなく、レジェンドたちの個性を十分に引き出しながら、

かつての役柄を再現して、何となく見る者の肩の力を抜いて、うふふ、

クスッと笑わせてくれる設定のようです。

最近の殺伐とした世の中に生きる人々にはこのノリは、一服の清涼剤に

なるかもしれません。

まさに新感覚の考察ドラマです。

🎃秋の旅行シーズンおすすめはこちら🍁

スポンサーリンク