アドセンスリンク広告

冬場の乾燥肌のかゆみ対策どうしていますか?

スポンサーリンク

冬になると、乾燥するのは当然ですが、
季節的な乾燥にプラスして、全く違う要素があるのは、
ご存知だと思います。

年令肌の悩み

そう、年齢的なものです。
特に女性は、若いときのみずみずしい肌が、
30歳過ぎるころに、何となく顔ばかりではなく、
全身特に足のかゆみなどで、肌が粉を吹いたようになるのは
その現われです。

40歳過ぎるころには、よくTVCMで
流れているように、夜中になると痒くて痒くて
目が覚めてしまい、背中を掻きむしってしまいます。

そして連鎖が始まり、どんなかゆみ止めクリームを
塗りこんでも、その場凌ぎで、かゆみはなかなか沈静化
してくれません。

毎年冬は乾燥するのは当たり前のことだからと、
痒くなってはかゆみ止めクリームを塗って、
また痒くなっては塗るを繰り返していませんか?

私もご多分に漏れず顔や体のかゆみや粉吹きには毎年
悩まされていました。

色々クリームも使ってみましたが、その場しのぎですし、
特に顔については、カサカサばかりではなく、年とともに、
目の下の小じわから、シミが目立ってきて、「もうやめてよ!」と
言いたくなります。

自家製美肌水

そんな私の対処法の一つは、自家製の「美肌水」をスプレーすること。
これはもう10年以上毎日の習慣にして使っています。

それは尿素とグリセリンと水道水のたった3つを使った、
簡単、リーズナブルな美肌水です。

かなり以前に今井龍弥 医師によって開発されたので、
ご存知の方も多いと思いますが、アトピー性皮膚炎の
ために作られた「尿素グリセリン水溶液」で、
頭から足先まで全身に使える水溶液です。

美肌水の材料

★尿素 / 50g  尿素は「窒素46」と表記されたもの。
ドラッグストア(化粧水用と明記されたものもあります)や
園芸店では肥料用として販売されています。
(こちらが容量も多く、安価)
★グリセリン / 5cc(小さじ1杯分)
★水道水 / 200ml
★容器/2~3個

これを混ぜて原液を作り、冷蔵庫で保管しておき、
必要に応じて薄めて使います。(薄めたものは
2週間で使い切りにします)

顔用は原液30%、水道水70%くらいに薄めますが、
初めは水道水90%くらいで薄めるのがよいでしょう。
高濃度だと、ひりひりする場合があります。
私の場合は、今でも水道水70%で薄めると、肌が
しっとりしますが、尿素と水道水半々位がよいという方もいます。

スポンサーリンク

ハンド用は高濃度で大丈夫なので、10%水道水で薄めて
持ち運び便利な小サイズ容器に詰めて、会社でも使っています。

しかも、アトピーばかりではなく日常的年令肌の敵、
しわ、しみ、赤ら顔、ヒリヒリ感、色黒、白髪にも
効くといわれています。

またお湯で食器を洗う季節特有で毎年悩まされる
ひび、あかぎれ、手湿疹、にもその効果は優れています。
よく尿素配合のクリームなどが市販されていますね。

しかもエイジング乾燥にもってこいの、尿素の持つ
水分を吸着する保湿成分の働きと、お肌を柔らかくする
働きがなかなかのもので、私は手荒れには、高濃度の美肌水を
手を洗うたびにバシャバシャ擦り込んでいます。

ただどんなものでも、人によりかえって悪化する場合もありますので、
薄める%は、ご自分用に試してみてくださいね。

喉の乾燥と保湿と

乾燥する時期は、咳にも悩まされる人が多いと思いますが、
これも私の対処法ですが、吸入器を購入して、
乾燥がひどいときとか、喉がイガイガになった時、
何となく喉がおかしい風邪かなと思ったときは、
すぐに吸入器をかけます。

すると喉ばかりではなく、顔にも蒸気が充たるわけですので、
お肌もしっとりするのです。一石二鳥の効果です。
特別美顔器を使わなくても、しっとりつるつるになります。
メーカーさんに怒られそうですが・・・。

頑固なかゆみ肌やトラブル肌には

それでもなかなか頑固なかゆみ肌や、繰り返すトラブル肌、
荒れ肌、乾燥肌には、安政元年(1854年)創業の造り酒屋の
勇心酒造が「米の総合利用研究」に取り組み 、新しい機能性素材である
ライスパワーエキスの研究開発をして作り上げた
「アトピスマイル クリーム が良いのではないでしょうか?

皮膚水分保持能を改善できる成分として《世界で唯一》認められた
医薬部外品有効成分 《ライスパワーNo.11》を配合したクリームです。

自ら水分を保つ肌へと改善する【アトピスマイル クリーム】は、
赤ちゃんからご年配の方まで、安心してお使いいただけるクリームです。

クリームなどもいろいろ市販されていますので、使用してかえって、
カサカサになってしまったこともありましたが、美肌水と、
アトピスマイル クリーム】 の両用使いで、年令肌、季節的乾燥肌を
何とか乗り越えていますので、お試しになってはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする