アドセンスリンク広告

「三陸花火大会」岩手県陸前高田市で10月31日に10,000発を打ち上げる

スポンサードリンク

「三陸花火大会」10,000発を
10月31日に岩手県陸前高田市で打ち上げ

今年はコロナで各地の大掛かりな花火大会が中止になったり、突然ゲリラ的に打ち上げ

てテレビで初めて知ったりと、いつものような夏の風物詩も楽しみ方が変わってい

ましたね。

そんな中、岩手県陸前高田市では、10月31日に、10,000発の花火が打ち上げられる

という、ワクワク感マックスな情報が入ってきました。

「三陸花火大会」は、2020年に東日本で開催発表がされている花火大会としては、

最大級の花火大会となります。

しかも OMOで世界中で同時に見れるというんですから、画期的な大花火大会になりそう

です。


                       プレスリリースより

「三陸花火大会」は、「悪疫退散」「無病息災」「五穀豊穣」と世界の平和を願う

「三陸花火大会」は、コロナウイルスが世界中でなかなか収束しない中、「悪疫退

散」「無病息災」「五穀豊穣」という願いのほか、世界へ向けても平和を願う意味を込

めて花火を打上げるものです。

おりしも10月31日は、世界中で行われる「ハロウィーン」の日です。

世界や日本のあちこちで、仮装をして練り歩いたり、魔よけの焚火をしたりして、悪霊

退散を願って行われています。

この「三陸花火大会」も、花火の音と光で悪霊を追い払い、1日だけでも世界を明るく照

らしたいという意味も込めて開催されます。

>>三陸花火大会詳しくはこちら

「三陸花火大会」のイメージビジュアルとキャッチコピーに秘めた思いとは?

世界中の「みんな~で打ち上げよう」!

現在(いま)と新しい未来(あした)のことを考えてワクワクする「夢」をもって!

三陸から日本にそして世界にワクワクを発信しよう!

三陸の人々、花火大会に関わる人々、観客の人々、LIVE中継で観覧する人々、皆でひと

つになって創り上げる花火大会にしたいという思いを込めて!

三陸花火大会のイメージは「みんなの力を合わせて色々な花火を作り上げる」

7色のカラーは、国籍・人種・年齢・性別も関係なく「世界中みんなの花火」になるこ

とをイメージして作り上げられます。

スポンサードリンク

「三陸花火大会」日時と場所

大会名称  :三陸花火大会 - SANRIKU Fireworks Festival
開催日   :2020年10月31日(土)  予備日:翌11月1日(日)
打ち上げ時間:19:00〜20:00
開催場所  :岩手県陸前高田市
主  催    :三陸花火競技大会実行委員会

お問い合わせ:

三陸花火大会に関してのチケットやアクセス、関連イベントなど、

お問い合わせは下記まで

三陸花火競技大会実行委員会 事務局窓口

TEL : 090-5231-5029(9:00?18:00)(土、日、祝日はお休み)

Mail: info@sanrikuhanabi.com

チケット受付

【2.特別BOX席(マス指定)】と【3.A席(エリア指定)】

2020年9⽉中旬から⼀般受付を開始予定です。

【2.特別BOX席(マス指定)】と【3.A席(エリア指定)】

クラウドファンディングにて、チケット先⾏受付中
三陸花火大会クラウドファンディングページ

「三陸花火大会」は世界初のOMO花火大会

今回は世界で初のマルチアングルLIVE配信 OMO「Online Merges with Offline」

(ネット上とネット以外の垣根を超えた方法)型の花火大会を開催します。

マルチアングル配信を活用した、会場に行かなくてもどこにいても楽しめるという

画期的な方法で、三蜜を避けるコロナ時代にマッチした世界初の試みで楽しませ

てくれます。

おわりに

今年は皆さんが毎年楽しみにしている花火大会が中止になり、TVで楽しんだりした方も

多いのではないでしょうか。

「三陸花火大会」は、世界中どこにいてもみんなで楽しめるOMOという、世界で初の画

期的な試みで、どんな花火が見れるかと今からワクワクします。

実行委員会発表

無料観覧エリア及び無料駐車場は設けておりません。

必ず事前に観覧チケットとお車の方は駐車場チケットを購入してご来場下さい。
(チケット購入方法はオフィシャルSNSなどで近日公開致します)

メイン会場には、今年6月にオープンした岩手県陸前高田市の高田松原運動公園内にある「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」を使用

会場内ステージでは花火打ち上げ前にアーティストのLIVEなども予定

公園内その他施設は、有料観客席や飲食ブース、自治体PRブース、協賛者ブースなど来場者が楽しめるコンテンツも充実しています。

>>三陸の旅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする