アドセンスリンク広告

男性も日傘活用を推進・熱中症対策の必要性を環境省がキャンペーン

スポンサーリンク

ここ数年、男性が日傘をさしているのをチラホラ

見かけるようになりました。

環境省はこのたび、夏の日光による熱ストレスを

軽減する日傘の活用を推進するキャンペーンを

発表しました。

男性といえど日傘は熱中症対策には必需品です。

近年の高温多湿傾向は、ますます加速して、

東南アジアの気候と同じになってきています。

熱中症というと高齢者が多いといわれますが、

4、50代の男性の救急搬送も少なくないようです。

クールビズという言葉ができて久しいのですが、

男性のオフィスタイルは確かに涼しげになって

きていますが、営業職の人たちの外回りは

未だに解放された状況とは言えないようです。

環境省の対策

平成30年の猛暑は、熱中症による救急搬送者が

過去最大数を記録。

熱中症予防対策は、急務の課題として緊急かつ

重大なものとして位置付けしました。

スポンサーリンク

最近の気候の変動は、人々の生活に多大な影響を

及ぼしているため、それぞれが工夫をして、

熱中症予防を心がけるよう呼び掛けています。

その対策の目玉として、暑さ指数(WBGT)の

低減効果が比較的高い「日傘」の活用推進を

提唱しています。(出典:環境省)

女性用日傘

女性はファッション的にも、さまざまな日傘

楽しんでいます。

遮光効果の高いもの、UVカット率の高いもの、

完全遮光遮熱、晴雨兼用のもの、日焼け防止

効果の高いもの、ひんやり効果のあるもの、

扇風機日傘、手のひらサイズの軽量のものなど

種類も豊富に出回っています。

男性用日傘

環境省では、男性も日傘を用いるよう推進しま

したが、男性にはなかなか日傘をさすことに、

抵抗がある人が多いようです。

女性の中にもSNSに「日傘をさす男性はどうよ」

みたいな投稿をする人もいますが、この際、

見た目の問題ではなく、体へのダメージを解消する

大きな問題、熱中症予防対策として考えなければ

なりません。

まとめ

環境省は、このほかにも街中の交差点に街路樹を

植えて、日陰を作り熱対策効果を上げるなど、

熱中症予防に力を入れ始めました。

加えて99%遮光の日傘は、街路樹がない場合でも、

汗の量が17%も減少するという結果が見られた

そうです。

男性もこの際、熱中症から身を守る意味でも、

日傘の常用を考えてみてはいかがでしょうか?

勿論睡眠と栄養、水分補給は忘れずに・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする